第2次大谷墓園整備事業
 墓地が欲しいのだけれども何とかならないか・・・・?ということを市民の方から度々相談を受けることがあります。そのため今治市では、現在の大谷墓園に隣接している土地を買収し、墓園の拡張整備事業に取り組んでいます。平成7年9月の市議会に、墓園用地買収費として約7億2千万円余りの補正予算を計上、可決した。

 今治市の墓地は、大谷墓地など合わせて使用面積は約4万平方メートル(総面積は12万5千平方メートル)。使用者数は、約1万人となっております。今回の第2次大谷墓園整備事業は、総事業費約30億円。墓地の計画基数は、約3千百基。計画では、第1期工事として平成8年度に約400基を造成する予定でありましたが、少し遅れる見通しです。

 この事業は平成6年1月に都市計画決定し、平成6年12月に都市計画事業認可。その後、地元・地権者と協議を重ね、ご協力頂けることとなり事業がスタートすることになりました。

 財源については、国庫補助金並びに準公営企業債等の市債であります。一般会計からの繰り入れについては、事業の公共性、墓地公園という観点から、今後の検討課題使用許可については、基本的に新規埋葬者及び遺骨所有者となっています。使用料については、公共福祉的な事業の性格や、大谷墓園とのバランスをとりながら、市民の理解を得られるような金額にしていきたいとのことであります。墓地のことにつきましては、質問があれば私(本宮いさむ)までご連絡ください。
今治市の話題目次へ


Email to ; tomato@mbox.ozone.ne.jp

ホーム自己紹介議員活動|議会報告トマト通信|
|今治市の話題|後援会リンク四方山話本宮いさむ

市政に関する御意見・御希望が御座いましたら下記アドレスへメール下さい。

Copy right (c) 1996 wordeye Allright reserved Imabari Ehime Japan