5月号平成9年5月1日発行
4月は、議会関係の行事はあまりありませんでしたので、議員としての活動が中心と した動きとなりました。(無尽会も含めた夜の会が大変多くあり体も疲れ気味です。)
拡張整備を進めておりました『野間馬ハイランド』が規模も拡大し、新しくなってオ ープンを致しました。所期の目的である観光の拠点の一つになればと願っていますが、 不安であります。一度見学してみて下さい。
久しぶりに家庭サービスで八幡浜市などに1泊2日の旅行に行ってきました。朝早く 八幡浜の魚市場に行きましたが威勢よくセリなどが行われているのを見て感激しました。 (子供たちも大喜びでした。)
今月はあまり報告する内容がなかったため内容が不十分で申し訳ございません。


    4月  4日  ★  農業委員会農地部会

   4月  5日  ★  ヒューマン倶楽部運営委員会
                ★  5日会

    4月  6日  ★  ライフブレイン(西条市)を訪問
                    友人を井上社長に紹介するため訪問。2時間
                    程度色々とご指導いただきました。(井上社
                    長とは15年来の友人としてお付き合いを頂
                    いております。ライフブレインは三菱電機の
                    協力会社で現在社員が300人とのことであ
                    ります。)

   4月  8日  ★  桜井地区農業委員6人で私的な親睦旅行(〜10日)
                    委員所有のワゴン車で鹿児島・熊本など九州方面へ。
                    朝6時30分の波方フェリーで出発。走行距離750km
                    で夕方6時には鹿児島の指宿に到着。高速道路のありがた
                    さを痛感いたしました。

   4月11日  ★  11日会
                ★  桜井小学校PTA役員会

    4月12日  ★  『愛媛平成市議の会』第1回研修会
                    1月に発足した平成市議の会の第1回研修会を
        13日      新居浜市で開催致しました。会員40人が参加
                    して熱心な討論会などもあり有意義な研修会で
                    ありました。
                   (現在会員は未加入であった宇和島市からも7
                    人が加入して72人となりました。)
                      
   4月17日  ★  今治小松自動車道長沢地区対策委員会役員会

  ◆4月18日  ★  今治連合青年団役員会OB会

   4月19日  ★  桜井小学校PTA総会・役員送別会

    4月20日  ★  長沢須賀神社奉賛会

   4月21日  ★  一代会
                ★  野間馬ハイランド見学会(議員)

    4月26日  ★  野間馬ハイランド完成式典
                ★   まこと会

   4月27日  ★  第3回トマトクラブ・ゴルフコンペ
                    私自身が親戚の結婚式があったため開会式だけの参加
                    となりました。村上代議士も参加していただいており
                    ましたので、表彰などはお願いを致しました。当日は、
                    大安ということで色々な行事があったため30人の参
                    加となりました。優勝は、(株)エイワ今治支店長月
                    原弘志さんでした。次回は、10月開催予定でありま
                    すが、大安・友引は避けたいと思っています。

    4月31日  ★  農業委員会桜井地区委員会
                    議員有志で今治市の活性化についての勉強会


野間馬ハイランドが新しくなって4月26日オープン

第2期拡張整備を進めておりました野間馬ハイランドが、約18億円余りを掛けて新し くオープンしました。規模は、面積が今までの約4倍になりました。この施設の整備の目 的は、野間馬の保存育成と架橋後(しまなみ海道)の観光拠点にしたいとの願いからで あります。オープンしたことについては皆さんマスコミ等でご存知だと思いますので、違 った角度で報告させていただきます。


◆野間馬の歴史◆
 寛年12年    伊勢国松坂から松山に転封となった久松定行公が舎弟の今治城主
         久松 (1635年) 定房公に命じて現在の瀬戸内しまなみ海道
         (本四連絡橋)架橋地点である馬島に軍馬の放牧場を作らせ、合
         戦に使う馬を飼育させる。

         飼料不足と病気のため不成功。

         野間郡(当時は松山領、現在の乃万地区)一帯の農家に委託飼育さ
         せ体高4尺(約121cm)を定尺とし、これ以上の馬には飼料代、
         報奨金を与え藩に買い取り、定尺以下の馬は農家に無償で払い下げ
         る。

         農家において小型馬同志の交配が進み現存する日本最小の在来馬
         (体高110cm前後)「野間馬」ができ上がったと言われている。

 明  治 時 代     明治政府は、軍馬育成のため小型在来馬の繁殖を禁止。

 戦        後     車などの輸送手段の発達や農業の機械化により激減。

 昭和30年代       今治市や越智郡しょ部の生存皆無。

 昭和53年 2月     県下(松山市)で6頭のみ生存、近い将来絶滅の危機に瀕する事態
         となった。(道後動物園2頭・松山市の篤志家4頭)

 昭和53年 6月     松山市の篤志家から4頭(雄1頭、雌3頭)を野間馬の故郷である
         今治市に寄贈。

         地域住民と行政が一体となり野間馬保存会を結成し、保存増殖に努
         める。

 昭和59年 4月     地元の今治市立乃万小学校に「野間馬クラブ」が発足し子馬の命名、
         観察、手入れ、乗馬等に取り組み体験学習を通じて児童の動物愛護
         や情操教育としても活用が図られる。

 昭和60年10月     (社)日本馬事協会により全国で8番目の日本在来馬に認定される。

 昭和63年 4月     今治市指定の文化財(天然記念物)に指定される。

 昭和63年 2月     野間馬ハイランド第1期整備工事着手。

 平成元年 4月     野間馬ハイランド開園

 平成 4年 3月     近親交配の弊害除去のため、自然繁殖から血統管理(DNA鑑定)
         に基づく分離飼育に変更し厩舎、放牧場に間仕切柵を設置。

 平成 6年12月     第2期拡張整備工事着手。

 平成 9年 4月     野間馬ハイランド新装開園
         より良好な飼養環境の確保、学習の場である野間馬ものしり教室等
         の新設。


 ◆施設の概要◆

  <整備の趣旨>
  野間馬ハイランドは、今治市原産の貴重な日本在来馬である野間馬を保存育成するとと
もに、山里の恵まれた自然の中で、馬を介して地域の文化や歴史に親しむことができるファ
ミリーパークとして誕生しました。
 「人と動物のふれあい」を基調に整備された園内には、野間馬の放牧場や乗馬施設、小
動物ふれあい広場などがあり、楽しく遊びながら児童の豊かな情操を育むことができます。

        所   在   地    今治市野間甲8番地
        敷 地  面 積    55,647.83平方メートル
        事 業  主 体    今治市
        事 業  期 間    平成6年度〜平成8年度
        事   業   費    1,890,000千円
        管理運営主体    野間馬保存会(会長今治市長)に委託

  <施設内容>









<施設整備の経過>
◆  第1期施設整備
     事業期間    昭和62年度〜昭和63年度
     事 業 費    1億1千万円(内、工事費1億円)
     面    積    1.4ha
     財源内訳    地域総合整備事業債9900万円(まちづくり特別対策事業債)
                 県補助金835万円(活力あるむらづくり、まちづくり推進事業)
                 一般財源396万円
     施設内容    放 牧 場   (1カ所・収容頭数30頭)
                 厩    舎   (1棟)
                 乗馬コース (75m/周)
                 小動物ふれあい広場
                 駐 車 場  (普通車40台)
     事業経過    昭和62年度     基本計画
                                  工事着手
                 昭和63年度     実施設計
                                  工事
                 平成元年4月     開園


◆  第2期施設整備
     事業期間    平成6年度〜平成8年度
     事 業 費    18億9千万円(内、工事費14億円)
     面    積    5.5ha
     財源内訳    地域総合整備事業費13億8500万円(まちづくり特別対策事
          業費)
                 一般財源5億500万円
     施設概要    <拡充施設>
                 放 牧 場   (3カ所・収容頭数80頭)
                 厩    舎   (3棟)
                 小動物ふれあい広場(面積約2倍)
                 駐 車 場  (大型4台・普通車150台)
                 <新規施設>
                 まきば館(売店・野間馬ものしり教室等)
                 わんぱく広場(コンビネーション遊具)
                 イベント広場(ログハウス・テント)
                 ちびっこ広場等
     事業経過    平成3年度     基本構想(2期、3期整備)
                 平成4年度     基本計画(2期、3期)基本設計(2期)
                                用地測量、水質調査
                 平成5年度     立木等調査
                 平成6年度     実施設計
                                農業振興地域整備計画の変更(農振除外)認可
                                土地収用法に基づく事業認定
                                用地買収(4.1ha)
                                工事着手
                 平成7年度     工事
                 平成8年度     工事
                 平成9年4月   供用開始


トマト通信目次へ



市政に関する御意見・御希望が御座いましたら下記アドレスへメール下さい。
Email to ; tomato@mbox.ozone.ne.jp

ホーム自己紹介議員活動|議会報告|トマト通信|
|今治市の話題後援会リンク四方山話本宮いさむ


Copy right (c) 1998 wordeye Allright reserved Imabari Ehime Japan