- 視察研修報告 -
------------------------------------------------------------------------
▼県議会警察経済委員会県内視察
県議会警察経済委員会県内視察
5月30日〜31日の二日間県議会警察経済委員会・農林水産委員会合同で県内視察研修がありました。
この研修は毎年6月議会前に二つの委員会が合同で行っており、今回は同日に三班に分かれて実施されました。
私が所属している警察経済委員会の研修には議員17人、職員3人の計20人参加。マイクロバス(定員24人)にて出発、同時に最初の視察地が農業大学校であるため松山地方局長が同乗し現地に着くまでの間、管内の状況について説明。次の視察地は北宇和郡吉田町にある果樹試験場南予分場。吉田町に入ったところから宇和島地方局長がバスに同乗し現地に着くまでの間、管内の状況について説明がありました。

二日間で五箇所の研修は非常に結構きついスケジュールでありますが参加者全員熱心に研修をすると共に質問もしておりました。なお、今回の視察箇所の概要については次の通りであります。

農業大学校(松山市)地震被害について
本年3月24日に安芸灘を震源としたM6.4芸予地震が発生し、本県でも震度5強を観測した松山市や今治市などを中心に、大きな被害がありました。農業大学校においても、実習ほ場の擁壁および関連施設などの破損や、本館などの建物の柱や壁の亀裂および崩壊、また、ライフライン損傷などの被害が発生しておりました。予想以上の被害で現在補修工事を行なっています。

果樹試験場南予分場(吉田町)
この分場は、農業試験場の南予柑橘試験地として昭和8年に吉田町に設立されて以来、産地密着型の試験場として試験研究を行なっています。現在、特産柑橘の商品性向上や、温州みかん隔年結果防止など技術確立に取り組み、南予地域の柑橘産業の振興につとめています。場長から「われわれは、農家が儲けてもらわなければ給料はもらえない」との言葉に感動。そのような気持ちを持って努力してくれている事に感謝した次第であります。

北宇和病院(広見町)
鬼北地方の中核的な病院として、健康づくりに貢献。昭和47年に旧館が建設されたが、老朽化からその北側に新築移転し、平成9年度から新館にて診療を開始しています。病院からは、人工透析のベットの増床等の要望がありました。

水産試験場(宇和島市)
水産試験場は、創設以来一世紀にわたり、水産業の基礎的な調査と技術開発を行なっています。平成2年の中予水産試験場の開設に伴い、この試験場では宇和海の水産研究の拠点として、漁業者ならびに県民に活用される水産試験場として、これからの漁業に対応した新技術の開発や調査研究に取り組んでいます。また、漁業環境の迅速で精密な調査や、水産資源の定量的把握を行なうため、最新鋭の調査観測機器を備えた調査船「よしゅう」を建造、2月に竣工し、県下の漁業環境調査や水産資源調査を精力的に行なっているとのことであります。その「よしゅう」の船内も見学しました。また、真珠養殖でのアコヤ貝のへい死対策についての取り組みついて話を聞きました。

南楽園(津島町)
南レク公園は昭和47年度に事業着手され、平成12年度まで都市公園事業が行なわれてきました。今後は、公共事業の見直しにより、「癒しの里『南楽』」をメインコンセプトに地域の自然・文化資源の活用、明確なターゲットの設定、地域との連携強化などに勤め、地域づくりを提案する計画を策定し、整備を図るという南レク検討委員会の検討報告を受け、事業が進められていくことになっています。

Eメール kensei@i-hongu.jp

お問い合わせ・ご意見はこちら