- 平成22年農林水産委員会(12月17日)-
------------------------------------------------------------------------
開催日:平成22年12月17日
会議名:平成22年農林水産委員会(12月17日)

○(本宮勇委員) 鳥インフルエンザの関係でお伺いしたいんですけれども、島根県の方で発生をしたんですかね。非常にそのことが拡大していくことが心配されておったんですけれども、何か迅速な対応をされて大きな広がりはなかったというふうには聞いておるんですけれども、これからやはり心配な時期になってくるというようなことも聞いておりますし、県として鳥インフルエンザへの対策みたいなものはどのようなことを考えておるのかお伺いしたいと思いますけれども。

○(畜産課長) 本宮委員の御心配されておるのは、多分高病原性鳥インフルエンザ、御承知のように野鳥等が、渡り鳥が渡ってくる季節が、非常に発生の可能性が高まってくる時期になってきたかなという御心配からかと思います。
 愛媛県では、10月に北海道で野生のカモから高病原性鳥インフルエンザが出ましたときに、そういう季節が訪れたということで、直ちに県の養鶏農家に野鳥の侵入防止対策を行っております。野鳥が養鶏場の中に入ってこないように、防鳥ネットという細かい網のネットを張っております。これは既に従来から張っていたんですけれども、それがやはり老朽化して破れたりすることがありますので、そういうことがないように点検をするというようなことを一つの作業としてやっていただきました。
 そして、そのほか農場内への立ち入りに気をつける。出入りの際には必ず消毒をするというようなことを農家にやっていただいたり、また、関係者以外の立ち入りを制限していただいたり、そういうようなことを、侵入防止対策をとったところでございます。
 また、先ほど言われました島根県での鶏における高病原性鳥インフルエンザが発生しまして、そしてこれでちょうど韓国側から渡り鳥が飛来する可能性もありますし、また北海道から本州を渡って、日本海側からさらに中国山脈を飛び越えてやってくる渡り鳥のコースもあります。いろんなコースが渡り鳥にはあるわけでございます。
 それでさらに危機感を高めたものですから、再度先ほど言いました防鳥ネットの点検をやっていただきまして、そしてその際に、実は10月のときにも点検はやっていたんですけれども、さらに破損している農家が13戸見られまして、そして直ちに11戸については既に改善されております。ただ、2戸については現在修理が進んでおるところで、今2戸について完全にふさがっているというところまでは至っておりません。間もなく修理を終えるところでございますので、それでほぼ愛媛県内の養鶏場に野鳥が侵入できない体制というのがとれておるというふうに考えております。
 逆に、今後もそういうふうに防鳥ネットが破れるということが日常、次々起こってくることだと考えておりますので、そういう点検については怠りのないように農家を指導して、万が一の発生がないように努めているところでございますので、とりあえずそういうふうに野鳥から運ばれてくる病原ウイルスは農場内の鶏には感染させないということには万全を期しているつもりでございます。

○(本宮勇委員) 今お話を聞いて安心しているというか、本当にいろいろな取り組みをしていただいているなということで安心をいたしました。
 いずれにしても、今農産物の価格も低迷している中で、特に卵などの価格も随分厳しいところもあるし、やはりこういったインフルエンザですね。できるだけかからないように万全の体制で対策を取り組んでいただいたらというふうに思いますので、よろしくお願いします。

Eメール kensei@i-hongu.jp

お問い合わせ・ご意見はこちら